チェックシートでうつ病なのか確認|的確な診断は専門医へ

介護者の早期の受診

男性

介護者のうつ病発生が近年増加しています。うつ病には診断基準がありますので、介護者は定期的に自分でチェックするようにしておくと、早期発見に繋がります。そしてうつ病の可能性のある場合は、早めに心療内科を受診しましょう。

受診勧奨ができます

悩む女性

仕事をしている人の場合、うつ病は周囲の人がフォローすることで心療内科への受診勧奨ができます。うつ病の診断に繋がるチェックシートを利用することで、早期発見でき重症化するのを防げます。積極的に活用しておきましょう。

カウンセリングを重視

女の人

一般的な診断基準が存在するうつ病は、素人でも判断することが出来ますが、精神的な症状が表面に現れない仮面うつ病というタイプが存在します。そのため正確に診断したいのであれば、心療内科でのカウンセリングを受け、はやめに見極めましょう。

カウンセリングの目的

笑顔の男性

高齢者の介護に従事する人は、自身も年齢層が高いことが多く、体力の低下などの理由からうつ病になりやすい傾向にあります。そのため、心療内科で診断を受けることが大切になります。カウンセリングを行う目的は、的確な診断を行うことと治療にも繋がるためです。

身近な病気うつへの対策

スーツの男性

うつ病の発症には、日頃の食生活が関係していることがあります。従って食事のバランスが崩れがちな方は要注意です。うつ病の診断後、サプリメントや専用グッズを利用することも、治療をスムーズ進めるための方法と言えます。

医師と一緒に治療に臨む

男性

診療科目の違い

うつ病の診断は病院で行います。通院を考えている場合、まずは症状によって診療科目を使い分けてみましょう。一般的にうつ病にかかって身体的な症状が発生している場合は心療内科に通います。例えばうつ病から胃痛や頭痛などを発症している場合は心療内科で診断してもらうと良いのです。身体も含めた病気治療を行ってもらえます。逆にうつ病から身体に不調が現れていない場合、精神科で診断を受けると良いでしょう。例えば長期に渡って自殺願望から逃れられなかったり気力の低下で生活さえままならない場合、精神化が専門的に診断してくれるのです。うつ病の病気診断は病院以外では行えません。世間にはチェックシートなどが販売されていますが、こうしたシートは病気の疑いを固めるために使用するものであり、専門的な判断では無い事を覚えておきましょう。うつ病を病院で治療してもらえば薬が処方されますので、日常的に悩んでいる症状が軽減されるメリットがあります。特に患者さんと薬の相性が良かった場合劇的に症状が緩和するケースもありますので見逃せません。

カウンセリングの価値

人がうつ病を発症する原因は多様であり、なかには家族関係や職場いじめなど明確な原因を切っ掛けに病になっている人も少なくありません。こうした患者さんが適切にうつ病を治療する場合、薬だけでなくカウンセリングを併用する事が回復をスムーズにします。うつ病の診断を行ってくれる病院の中には、院内に専属カウンセラーを配備している場所がありますので探してみましょう。そのような場所であれば、時間をかけて心悩ませる問題を打ち明ける事ができるのです。心の問題からうつ病になった患者さんの中には、病院でじっくり話を聞いてもらえないために診察に不満を感じる方もおられます。カウンセリングを受けるのは、本当に心をリラックスさせるためにも必要な事なのです。逆にカウンセリングには問題ないけれど病院で処方される薬があわないと言う場合、診断結果が間違っている可能性があります。うつ病にはいくつかの種類があり、それにより患者さんに効果を発揮する薬が異なる場合があるのです。もしも診断結果に納得できない場合は、別の病院でセカンドオピニオンを受けるようにしましょう。

Copyright © 2016 チェックシートでうつ病なのか確認|的確な診断は専門医へ All Rights Reserved.