チェックシートでうつ病なのか確認|的確な診断は専門医へ

介護者の早期の受診

男性

介護者は発症し易いです

病気は肉体的な病気が主体とされていますが、心の病気も存在しています。心の病気の場合には、血液検査や画像検査をしても、異常を見出すことはできません。そのため心の病気を患うと、治療の開始が遅れる傾向があるのです。どのような病気であっても、初期のうちに治療を開始すると、そのぶん早く治すことができます。その点で心療内科は、心の病気の専門家なので、受診すると的確な診断と治療が受けられるのです。そうした診療内科において、とくに受診率が高いのがうつ病です。昔の日本においてうつ病は、珍しい部類に含まれる病気でした。しかし世の中が近代化されるにしたがって、うつ病が増加するようになったのです。なかでも多いのが、介護を行っている介護者のうつ病です。日本は高齢化社会を迎えるようになって、急速に介護を必要とする人が増加しています。介護は短期間ではなくて、長期間になり易いので、心への負担も大きくなります。そのため介護者は、一般の人と比較するとうつ病を発生し易いのです。

早期に受診すると安心です

統計においても、介護者の4人に1人はうつ病の傾向があることが分かっています。日本人のうつ病の発症率は、全体の数パーセントという統計です。この数値からも、介護者がうつ病に発症し易いことが明確に示唆されています。このような状況ですから、介護者は常にうつ病の発症の有無を気遣うことが大切です。その点でうつ病の場合には、診断基準があるので、介護者は定期的にチェックする必要があります。まず抑うつ気分と興味または喜びの消失のうち、いずれかの症状があればうつ病を疑います。その上で食欲や睡眠や自殺企図などの、いくつかの症状を確認するのです。診断基準の症状を確認して、当てはまる項目が多いとうつ病の可能性が高まります。とくに自殺企図については、心の問題に留まらずに命に関わる問題にまで発展するのです。日本は世界的にも自殺者が多い国ですが、その要因にうつ病がかなり含まれています。したがって介護者は、診断基準で当てはまる項目があれば、早期に心療内科を受診すると安心です。

Copyright © 2016 チェックシートでうつ病なのか確認|的確な診断は専門医へ All Rights Reserved.