チェックシートでうつ病なのか確認|的確な診断は専門医へ

カウンセリングを重視

女の人

的確に行ってくれます

うつ病を患うようになると、社会生活の継続が困難になることがあります。例えば仕事に集中できなくなって、仕事が継続できなくなることも、珍しい現象ではありません。仕事が継続できなくなると、収入を得ることができなくなります。収入が得ることができなければ、最終的には生活保護になる可能性もあります。さらに進行すると自殺企図もあるために、うつ病というのは、社会全体の問題になり得る病気なのです。とくにうつ病の場合には、精神的な症状が表面に現れない、仮面うつ病というタイプが存在します。このタイプの場合には、精神症状ではなくて、身体的な症状として出現することが多くなります。例えば腰痛は普通の人であっても、頻繁に発症する症状で、運動器系疾患がほとんどです。しかし腰痛のなかには、仮面うつ病が背景になっていることも多いのです。このような特徴のある仮面うつ病ですから、正確な診断を行うことが大切になります。その点で心療内科は、仮面うつ病の診断を的確に行ってくれるのです。

正確さが向上します

うつ病の診断を行う際には、診断基準が存在しています。この診断基準は分かり易く作成されているために、素人でも実施することが可能です。しかし心の問題であるために、それを正確に判断することは、実は難しいことなのです。そのため誤った判断を行っていることも、かなり多く存在しています。とくに仮面うつ病の場合には、診断基準を使用しても、実際の症状を表現できないことも多いのです。結果として仮面うつ病は、正確な診断が遅れ易い傾向があります。正確な診断が遅れると、病気が進行するので、先述のような社会的な問題になり易いのです。しかし心療内科の場合であれば、このような仮面うつ病の特徴を、しっかりと把握しています。すなわち同じように診断基準を用いていても、常に仮面うつ病を視野に入れて診断を行っているのです。そこで心療内科の場合には、カウンセリングを重視しています。心療内科が行うカウンセイングは、仮面うつ病を見逃さないための、ツールに則って行われます。そのため同じような診断基準を使用しても、心療内科が行う診断は正確さが向上するのです。

Copyright © 2016 チェックシートでうつ病なのか確認|的確な診断は専門医へ All Rights Reserved.